富裕層ビジネスで起業する 特殊な購買行動の捉え方

【オンライン】富裕層ビジネスで起業する 特殊な購買行動の捉え方

コロナ禍でも強い購買力を持つ富裕層。

彼らを相手にビジネスを立ち上げれば・・・
と考えていても
単純に高くすれば売れるわけでもない。

まして、知り合いがいるわけでもなく、
富裕層へ売るためのアプローチ方法やプロモーションなんて、
考えようとしてもイメージできない。

道なき道を進もうとするための基礎知識をあなたに。

この講座で学べること


 ・富裕層だけに適用される独特な購買行動
 ・富裕層ニーズの捉え方
 ・自身の強みを活かす商品・サービスの作り方

この講座の受講対象


  起業した人、起業準備中の人で
  富裕層ビジネスに挑戦している方なら誰でも参加できます。
  ビジネスの規模や業態は問いません。

  次に該当する方の参加は固くお断りいたします。
  自身の創業を伴わない企業内の新規事業、同業者、コンサルティング業

講座のコンセプト


 富裕層ビジネスと一括りにされることが多いのですが、実際はパターン化できるほど容易な世界ではありません。彼らの指向は多彩であるため、自身が携わる実際のコンサルティング現場では、すべてオーダーメイドの伴走支援を行っています。

 この講座では、最初のハードルである富裕層の購買行動にスポットを当て、あなたのやりたいビジネスと富裕層ニーズの接点づくりを中心に、経験談を交えながら売れるために必要なやるべきことを、少人数のディスカッション形式で掘り下げていきます。

 ニッチビジネスを専門とし、100万円を超える高級嗜好品の創業支援や販売戦略づくりの依頼を多く受託し、ビジネスとして送り出してきた、ビジネスクリエイターの伊豫田とディスカッションすることで、あなたのやりたいことやアイディアからビジネスの可能性を引き出しましょう。

コンサルタント


伊豫田 竜二 ビジネスクリエイター

ソロビズ 主宰
アプトゥルーズ合同会社 代表社員
中小企業診断士

 新規事業や起業者のビジネスプロデュースを手掛け、多くの成功事例を持つビジネスクリエイター。

 付加価値の高いニッチ商品の事業化・収益化とプレゼン力を活かした販路開拓が得意。顧問として支援した町工場の新規事業は、クールジャパン戦略の成果として、有名アートディレクターの関与した企業やアパレル大手とともに、内閣府のウェブサイトで紹介された。
 そのほか、商品提案した小売店の旅番組放映や、首都圏の観光・土産品開発支援での品評会受賞、メディア掲載など豊富な成功例や実践術を持ち、起業者に分かり易く伝えている。

 起業者のビジネスプロデュースをはじめ、創業支援施設でのコンサルティングや創業補助金やビジネスコンテストの審査など、多くの起業者や創業支援者にかかわっている伊豫田が、あなたのビジネスに向き合います。

 □プロフィール
  https://niche.uptrues.jp/profile
 □フェイスブックサイト
  https://www.facebook.com/office.iyoda/ 

開催概要


 □配信プラットフォーム
  Zoom

 □ご利用までの流れ および注意事項
  ・参加対象は申込者のみです。
   1つの申し込みに対し複数での利用はできません。
  ・相談内容の録画、録音および配信はできません。
  ・通信環境や映像品質、接続に関してはサポートいたしかねます。  

 □料 金 (消費税込み)
  ・24,750円 /90分

 □ご利用までの流れ および注意事項
  ・ご予約は下記フォームよりお申し込みください。
  ・折り返し開催日時とお支払い方法をご案内いたします。 
  ・お支払い確認後、当日1時間前までにオンライン会議の
   案内メールを送付します。
  ・参加対象は申込者のみです。1つの申し込みに対し
   複数での利用はできません。
  ・相談内容の録画、録音および配信はできません。
  ・通信環境や映像品質、接続に関してはサポートいたしかねます。

 □主 催 アプトゥルーズ合同会社 ソロビズ事業部

お申し込み






    90分 24,750円


    クレジットカード



    残り文字数 400

    Produced by ソロビズ
    --------------------
    Business Community & Training solo Business Base
    Website https://solobiz.uptrues.jp/

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください