ライフプランを自分の技術で作る ~40代技術屋たちの起業・副業こと始め~

2月6日(土)ライフプランを自分の技術で作る ~40代技術屋たちの起業・副業こと始め~

ライフプランを自分の技術で作る
40代技術屋たちの起業・副業こと始め

 厚生労働省によると2019年の⽇本⼈の平均寿命は⼥性87.45歳、男性81.41歳となり、⼥性は7年連続、男性が8年連続で過去最⾼を更新しました。

 「人生100年時代」というロンドンビジネススクールのリンダ・グラットン教授らが著作LIFE SHIFT(ライフシフト) 100年時代の人生戦略、で述べたことによると、高齢者から若者まですべての国民に活躍の場があり、皆元気に活躍し続けられる持続可能な社会を作ることが重要な課題としています。

 今、我が国で60歳の定年を迎え平均寿命を全うすると女性では27年、男性で20年とかなりの時間があることになります。
会社員であれば誰にでも訪れる定年を、次の2点から選択することになります。

 ・安定収入のない中自分の年金と不足分を預貯金等から切り崩し生活するか
 ・自らのライフプランを自身の技術で切り拓き充実した日々を送るか

 そのため現役世代の今のうちからライフプランを立て自らが自立して働き、社会に貢献することが重要なのです。

ワークショップ内容


座学とワークショップの2部構成で、座学では、
 ・キャリアの考え方
 ・定年や退職迄の期間を起業の準備期間とした場合の正しい副業の知識と進め方

ワークショップでは、
 ・インタビューによる企画やキャリアのブラッシュアップからなります。

写真1
【写真】2020年9月12日開催 クラウドファンディングで始める起業スタイル
過去に開催した講座の様子はソロビズのウェブサイト>イベントブログで公開しています。

この講座の受講対象


副業・起業の準備中の方や、可能性を考えてみたい方に向けた内容です。

40代~50代で将来会社を定年や自己都合退職後、
 ・自分自身が温めている企画を実現したい
 ・自分のキャリアで起業したいがどのように進めて良いかが分からない
 ・起業したいが、自分のキャリアが分からない
 これらにあてはまる方で、自己実現したい技術系会社員を対象としています。

 (ただし、コンサルタント・同業者の参加はお断りします。)

講座のコンセプト


 起業は時にリスクが伴いますが、これは十分な計画がなく会社を退職をしてしまったために起因する場合がほとんどです。

 この講座では自らのライフプランを自身の技術で切り拓く参加者を対象に、定年や退職までの一定期間を起業までの準備期間と捉え、インタビューを通じキャリアや企画を考え、会社と問題を起こさない副業の正しい知識を習得することで起業リスクを抑えます。

□40代技術屋たちの起業・副業こと始め
 2月6日 基本編 どうやって会社を独立/両立するか?
 4月開催 商品編 どうやって技術を商品化するか?
 6月開催 営業編 どうやって技術を売るか?
※どの講座からでも開始できる構成になっています。

■ウィズコロナ期間中の会場開催の対応について
 ・定員の2倍以上の会場を用意いたします。
 ・ソーシャルディスタンスを配慮した座席配置にいたします。
 ・窓の解放により換気を確保いたします。

■ご利用の皆様へのお願い
 ・マスクの着用、検温の実施をお願いいたします。
 ・体調のすぐれない方、発熱症状の方は参加をご遠慮ください。

開催概要


 □日 時
   2021年2月6日(土) 13:00~16:00

 □場 所
   波止場会館 4F小会議室A 横浜市中区海岸通1-1

   みなとみらい線 日本大通り駅より徒歩5分
   (北欧料理SCANDIAの裏手にあるビル)

 □参加費・定員 (消費税込み)
   16,500円 / 定員4名

 □当日のスケジュール
   12:55 受付開始
   13:00 40代技術屋たちの起業・副業こと始め
       1.定年後を見据えたキャリア&ライフプランの描き方
       2.副業~独立のプロセスと円満な職場との付き合い方
       3.個別課題の抽出と構想の磨き上げディスカッション
   16:00 終了

 □主 催 アプトゥルーズ合同会社 ソロビズ事業部

Produced by ソロビズ
--------------------
Business Community & Training
solo Business Base
Website https://solobiz.uptrues.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください