副業で始める起業スタイル

6月15日(土)副業で始める起業スタイル

自分に合った起業を考えるワークショップ
「副業で始める起業スタイル」

起業のカタチは独立・開業だけじゃない。

自分の趣味や特技を活かせるビジネスを、
今の仕事を続けながら、コストとリスクを抑えて模索する。

副業からあなたの起業をスタートするための、
知識と基礎力を身につけるビジネストレーニング講座です。

 

働き方改革で開けた「自分の未来を自ら創る」生き方を、
副業という手段で始める
創業スタイルを考える。

就業規則の解釈から始める本講座は、
具体的に近い将来の起業を考えている人から、
会社員という現状に満足せず、
自分の可能性を起業に求めてみたいと考えている方にも役立つ構成です。

 

副業で始める起業スタイル

副業という起業スタイルなら
・自説の正しさをテストマーケティングしてから退職&独立する
・今の仕事を両立できるデザイナーやクラフト作家への道を模索する
・仕事の人脈や出張を活用したセレクトショップのECサイトを開く
など、自分を活かせる多くの道が開けます。

会社に在籍しながら自己実現に近づくためには、
まず、会社の仕組みや規則を知ることが不可欠。
自分が副業を始めるとしたら、まず何から手を付けるべきか?
今から準備する事や、注意することは何か?

ソロビズで、副業から切り開く自分の道を創りましょう!

 

このトレーニングで学べること

①副業のスタイル
②副業に割り当てられる時間
➂副業(起業)方法
④留意点

 厚生労働省は2018年1月に働き方改革に応じた形で労働者の副業を推奨するため従来の「モデル就業規則」から副業の禁止項目を削除し、事実上副業の容認に方向転換しました。
また会社としても人材不足の中発展するには従業員の労働生産性を上げ、新たな分野へ進出する必要が出てきます。

 それにはスキル向上が求められますが、会社が副業を認めれば社内では得られない知識・スキルを獲得でき、優秀な人材の獲得・流出の防止ができ、競争力が向上すると考えられることから今後社会的に拡大すると考えられます。

 しかしながらもし自分が副業を始めるとしたら自分に何ができるのか、何を準備したり、何に注意すべきかが分からないことも多いと思います。
本セミナーではこれら疑問に答える形で副業の総論について述べてゆきます。

 

開催概要

日 時
平成31年6月15日(土) 13:00~

場 所
波止場会館 3F小会議室C 横浜市中区海岸通1-1
みなとみらい線 日本大通り駅より徒歩5分
(北欧料理SCANDIAの裏手にあるビル)

参加費・定員 (受付:先着順)
税込5,400円/定員8名

当日のスケジュール
12:55 受付開始
13:00 副業で始める創業スタイル
14:20 終了

主 催 ソロ・ビジネスベース

これまでのイベント内容は、こちらのイベントレポートからご覧になれます。

 

副業が一般化する背景

 総務省統計局によると日本は2008年に人口減少が始まったとされ、2016年には約72万人減少しています。予測では総人口は2030年には1億1,662万人、2060年には8,674万人(2010年人口の32.3%減)にまで減少すると見込まれており、世界的にも例を見ない速度で人口が減少するとみられています。

 2019年1月の有効求人倍率は1.63倍、失業率は2.3%で既にバブル期を上回っていますがこれは人口減少のため働き手がいない、詰まり「人手不足」が原因なのです。人口減少社会の影響が既に統計に表れているのです。

 このように人口減少社会は経済の供給面(労働力)と需要面(マーケット)の双方にマイナスの影響を与えるため、中長期的な経済成長を阻む可能性があります。
そのような中2016年9月に安倍首相を議長とする「働き方改革実現会議」が設置され、10回に渡る会議を経た2017年3月28日に「働き方改革実行計画」の政府案がまとめられました。

 政府は「改革の目指すところは、働く方一人ひとりが、より良い将来の展望を持ち得るようにすることである。多様な働き方が可能な中において、自分の未来を自ら創っていくことができる社会を創る。
意欲ある方々に多様なチャンスを生み出す」と述べ、これにより個人の所得拡大、企業の生産性と収益力の向上、国の経済成長が同時に達成されるのです。

 

Produced by ソロビズ
--------------------
Business Community & Training
solo Business Base
Website http://solobiz.uptrues.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください